愛媛県松山市のウインドサーフィン店長が、スタンドアップパドルボードへ挑戦している模様を綴ります。テーマは、どうすればおもしろいか。どんな板が最適か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とうとう待ちに待った(ちとおおげさですが)パドルボードS.U.Pがやってきました。
一番幅が広く、誰でもすぐに乗れるスクール用の板です。長さは300cm、幅は86cmもあります。
かなり大きく重いイメージを持っていましたが、実際はそうでもなく、軽々と持ち上げれるくらいでした。
これなら、女性でも持ち運びができます。

さて、いざ海に浮かべて、スタンドアップパドル。

まず板の上に立ってみました。
ボードが安定しているので難なく立て、思い切ってパドルを漕いでみました。
左に大きく曲がってしまいます。
スピードに乗ってない時は、特に走り出しは大きく曲がる性質を持っているようです。

少し慣れてきて、少しずつスピードが上がってきました。
コツは、手幅を広げ、体全体で大きく漕ぐ事だと思います。
詳く説明したいのですが、文字で表現すると余計にややこしくなるので、このくらいで留めておきます。
想像通りぐらいのトップスピードです。
早歩きぐらいの速さは出ます。

このくらいスピードに乗ってくると、パドルを片方だけ漕いでも
あまり曲がらなくなります。4回ぐらいは、連続して片方だけで漕ぐ事ができます。
スピードに乗ると、板がパシャパシャと水を切る音が聞こえてきます。

それなりに心地いい感じです。
ウインドのような、驚くような快感こそありませんが、心地よいといった感じです。
毎日続けるには、エクソサイズ的な感覚が必要だと思います。
私も、冬場になると運動不足になりがちなので、毎日の散歩がてら、海に入ることが
できそうです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/08/17(月) 11:34 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lahainasup.blog35.fc2.com/tb.php/2-6a5fd07a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。